事業者登録をした後、個人事業を運営するために

こんにちは~ 皆さんにローンと金融のお知らせする現ブログです! 就職の敷居がだんだん高くなり、生涯職場という意味がだんだんなくなってきて、起業を考えている方が増えています。 創業を始める方は、スタートアップのように投資され、準備をすることができますが、ふつうフランチャイズカフェやレストラン、ショッピングモールなど、小規模で創業を始めることもあります。 今日は、状況に合わせた起業ローンの受け方とローンの種類、条件、注意事項についてご紹介したいと思います。

創業融資を受ける方法です。


創業を準備するにあたって最大の問題は資金を準備することです。 創業資金は、事業体運営においても必要で、スタートするためにも必要です。 状況に応じた資金調達をどうしなければならないでしょうか。

事業運営中です


現在事業をなさっているのでしたら、売上を土台に保証書を頂くと創業資金の融資を受けることができます。 この保証書は、地域信用保証財団から申請可能で、受け取った 내구제 保証書を銀行に出すと、資金の貸し出しが受けられます。

事業の準備をするときです。


事業場賃貸借契約書を作成します。

事業場の賃貸とインテリア費用で、創業者の方々の資金負担を感じることが多いと思います。 そのため、創業融資を受けようとする場合、まず事業所を選択し、事業者賃貸借契約を行わなければなりません。 また、インテリア資金を必要とする場合、インテリア契約をしていただく必要があります。



創業保証書を申請します。

賃貸借契約書を作成された場合、契約書を持っていき、創業保証(1年以内に予備創業)を申請する必要があります。 事業の性格や規模によって創業保証申請機関が異なりますが。 技術創業や規模の大きい創業であれば、信用保証基金の創業企業保証を申請し、規模の小さい事業や一般自営業であれば、庶民金融振興院や信用保証財団が保証書を申請する必要があります。



ご相談ください。

保証の申請をしてから、相談後、調査官が実査に出るんですが。 その際、事業計画書など体系的に書類を準備しておかなければなりません。 どのように実態調査をしたのかによって融資資金限度も変わることがあるので、予め調査官の質問を準備しておく必要があります。



貸し出しの申し込みます。

保証審査が承認されて保証書を受け取った場合、協約された都市銀行を尋ねて貸し出しを申し込んでください。 普通6等級以内の信用格付けが必要でなければ銀行貸し出し審査で無理なく承認を受けることができません。 創業融資を受ける方法をもう一度、きちんと調べてみるといいと思います。

創業貸し出しの種類です。


創業ローンの種類は、大きく3つに分けられます。 銀行の事業者向け融資、政府支援融資および様々な機関から受けられるその他の創業融資があります。



美少金融創業貸し出しを行います。

庶民金融振興院で進められている庶民金融事業です。 勤労奨励金申請対象者、信用等級6等級以下、基礎生活受給者および次上位階層のうち、一つでも該当する方が、美少金融創業貸付資格を持つことができます。 最高限度は7000万ウォンで、金利は年4.5%です。



日差しローン事業者向けの融資です。

信用保証財団中央会が行っている、ヘッサルローン事業者融資は、信用等級が6等級以下で、年間所得4500万ウォン以下、または年間所得3500万ウォン以下であれば、申請資格が与えられます。 限度は最高5000万ウォンで、年金利は6~9%程度になります。



信用保証財団が零細商工人に融資します。

事業者の方や自営業者の方に最もよく知られている事業者貸付は、地域信用保証財団からの貸付です。 一定期間の税金納付と営業実績がなければ貸し出しができません。 政府で一部の利子を保存、伝えてくれるので金利は約2.5%で、限度は1000~3000万ウォンになります。



銀行事業者向け貸出です。

銀行でもいくつかの事業者向けの貸付商品があります。 第一金融インターネット銀行であるカカオバンク社の個人事業者貸付は、最高2000万ウォンまでの貸付であり、年金利子3.7%、法定事業者を除いた個人事業者のみ申請が可能だそうです。



その他創業貸し出し

社会的機関が小商工人と若者たちの創業のための貸付商品を運営しています。 低所得層、金融疎外階層を対象とし、最高限度2000万ウォン、金利年2%です。



創業貸し出し条件を比較します。


創業の準備中です。

ヘッサルローン事業者貸付、社会連帯銀行、ミソ金融創業貸付を受けられます。 限度額が最も高いミソ金融創業ローンは、7000万ウォンまで融資を受けることができます。 必ず用途に合わせて貸し金を使わなければなりません。 社会連帯銀行の貸し出しは利子率で見た時は良いが,創業貸し出しを受ける方法の資格条件が気難しい方です。



事業運営中です

小商工人向け融資は、年2.5%台で金利が最も低い融資ですが、事業者登録後、税金を誠実に納付しなければならず、ある程度は事業を進めていなければなりません。 自営業者向け融資をすでに受けているか、断られている場合は、カカオバンク事業者向け融資のように第1金融融資を受けることをお勧めします。

創業ローンの後期および注意事項です。


事業者登録をした後、個人事業を運営するために、いくつかの創業融資の方法について調べていましたが、当時、信用等級が低くて銀行融資が難しい状況にあった方がいました。 あまり調べずに、突然高金利の貸付を受け、元利金を返済するために苦労する方々をよく見かけます。



この時、最も気をつけなければならないのは、高金利ローンです。 また、事業者貸付や創業貸付コンサルティングを口実に詐欺を働くこともありますので、気をつけなければなりません。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다