私はそれを缶に入れた場所を見たことがない

昔からドイツ料理を

正しい場所に行って

私は食事をしたいと思っていましたが、

価格があまりにも負担になるか

訪問する必要はなかった。

今回は南海に向かって

旅に出かける

ついに私は行くだろう。

近所で有名で

観光客もたくさん行く所だ

いつも好奇心が強い。

パドックの展示館のすぐ前にあった

外観も現地に来たもの

同じ住宅デザイン。

中に入ると、셔츠룸 それはより壮大でした。

雰囲気自体は感性的で、多くの場所がありました。

駐車場も広く団体人員も問題ないほど

かなりの規模で。

雰囲気がこうなると

私たちが解散する前に、私たちはここにいます

南海のドイツ村のビールを飲みましょう

行くのは大丈夫だと思った。

遊びに来た感じも充満して

本当に軽笑に飲み物を飲む

良いインテリアでした。

さまざまな種類の酒があり

機械が直接降ろされ、専門店がダウンする

フォースが感じられた。

私たちが見るのは、前方に開いた風景の屋内です

席に座った

夜はまだ寒かったので、私は屋外に座った

人はほとんどいないが、もう少し過ぎて日が

誰かがそれを緩めると、それはいっぱいになるでしょう。

南海のドイツ村のビール

ふさわしいものを中心に

注文した

飲みながらメニューの味も

報告するにはあまりにも多くの負担がかかりました。

最初はSchubain HassenとToatiaでした。

ソースも4つも与えました。

他の魅力の調味料とかまないこと

同じだった。

シュバインハクセンはドイツ式

豚足と見ればいいのに

ビジュアルはかなり食べやすい

鉄板のおかげで暖かく

暖かく食べた

手のひらよりはるかに大きい大きさを誇っていた

美味しく熟し、素早く

食べたかった

ここの社長が

ドイツ・フランクフルトという

世界陸加工博覧会で

彼は金メダルを獲得したと言った。

それが私がここに来たい理由です。

スタッフは肉を解体した。

赤は熟していないし、熟していない

シーズニングと焼き。それは色合いがこれだった。

こういうのも独特できつい

スパイスのにおいがしなかった

食べたのはとても柔らかかった。

別のソースを撮らなくても

溶けて、甘さ

とても強かった。

それに、それから、私は追加のものを手に入れました

ブラット・ブアストだった。

簡単に言えば、手作りのソーセージです

野菜も焼いて出てきた。

南海のドイツ村のビールも

注文した

気をつけておきたい

繊細に前皿も

あなたは1つずつ準備をしました。

ビールはやはり、こう遊びに来て、こういう雰囲気と

ビールの故郷と呼ばれるドイツのレストランで織り込まれた

私はそれをより甘く感じました。

ブラット・ブアストはちょうど

肉眼で見ても柔らかく

おいしいと思った。

原産地の表示はメニューにはっきりと書かれていますが、

信仰は、彼らはすべて良い素材を使用しました。

このように暖かく鉄板

ソーセージと暖かさ

野菜のいくつかを

前皿に持ってきて切って

食べたかった

ナイフを軽くする代も

柔らかく切り取られたら、

ソーセージは有名な国でした。

おいしく焼かれた野菜も

一緒に食べて良かった

太さと食感はちょうど正しいです。

このように、リゴチュも食べやすく切って手作り

ソーセージで食べた

もせずソーセージは

風味と固有の

食感や味がとてもよく

感じられるから、風味が強かった。

キノコにベーコンを巻き込む

焼かれたものも一緒に来ました。

一口に食べてよく切って食べてみたところ

味がなかった組み合わせ。

シュバイン・ハッセンとブラット・ブアスト

私たちのために少しメイン料理。

小ささに追加する

良いトチアも特製

ソースと一緒に出かけました。

ドイツパウラナービール

トティアを一緒に

楽しかった

チリソースが入った

エビはここにたくさんありました。

それで、食感も噛まれる

良い、そしてこのソースでさえ、

彼はそれが沸騰していると言った。

海外旅行に来たような気がして

バイロイトで食べる

食事はとても楽しかったです。

チーズをサラダにかけて

食べても甘くて健康な味が私はこの家は

野菜は新鮮なものを使っていたようです。

最後に追加されたのはカプレーゼでした。

これは南海のドイツ村のビールです

私はそれがより良くなると思った。

特にワインとうまくいくように見えました。

ビジュアルはとても美しいので、私は合格しました。

バレルに入り、私はとても気分が良くなりました

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다