防疫最前線の医療

一部の東京オリンピックスポンサーがオリンピック組織委員会に開催を2、3ヶ月延期する案をに提示したことが分かった。限られた観客で五輪を行なうならば、スポンサーの損害が莫大で、日本国内の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン接種率が高くなるまで開幕を先送りしようというのだ。ただし組織委は、「そのような要求はなかった」と演技説を否定した。

英日刊フィナンシャル・タイムズ(FT)は4日(現地時間)、一部の東京五輪スポンサーが今年9月か10月に五輪を開催する案を日本政府に提案したと伝えた。実際、日本の週刊誌シュカンポストの調査結果によると、全体のスポンサーのうち8.5%だけ明確な開催賛成の立場を明らかにした。

スポンサーは、広告効果を見てオリンピックスポンサーとして参加する企業であるスポンサーの損失を減らすために、演技カードを引っ張った。オリンピックを後援する代わりにチケット景品イベントを用意したり、競技場の前に広報ブースを設け、企業の広報効果を高める式である。すべての観客が入場するという前提の下で構成されたマーケティング戦略である。

問題は、オリンピックが予定通りに開催されれば、観客の立場が制限される可能性が高いということだ。すでに組織委員会は、4月の海外観客の立場を許可しないことを決定し、日本の観客の立場かどうかは、今月中に決定される。毎日確定者数が6,000人を超えた先月に比べて、日本国内のコロナ19感染状況が良くなったが、まだ一日に3,000人ほどの確定者が出ており、関係のない開催の可能性も排除できない。

観客がいなければ、広告効果が大きく減り、これはスポンサーの損害につながることになる。今回の五輪に日本企業だけで47社がスポンサーとして参加したが、구글상위노출 これらが支出した費用は計30億ドル(3兆3,495億ウォン)を超える。二人のスポンサーの関係者は、オリンピックに投資した費用が企業の立場から「無駄な支出」になったとFTに嘆いた。

損害を減らすことができる一つの方法は、オリンピック演技だ。2、3ヶ月の間にでも時間を稼いで、日本のワクチン接種率を高めることができ、その後、日本の観客でも受けることができる可能性が大きくなる。したスポンサー幹部はFTに「大会が延期ばしばワクチン接種率が上がって観客をより多く受けることができる」とし「演技ばスポンサーとして、より多くの金額を投資する考えもある」と述べた。

組織委員会は、スポンサーが演技を要請したというFT報道について「そのような要求はなかった」と一蹴した。すでに7月23日の開幕式に合わせて、具体的な開催準備も開始した。組織委員会は8日から国立競技場周辺に費用対効果フェンスを設置し、周辺の交通も統制することにした。今月19日には、犬・閉会式訓練の一環として、大規模な選手団輸送訓練に乗り出す

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다